忍者ブログ

[PR]

2017年09月24日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

洋ゲーと和ゲー

2010年11月27日
けっこう洋ゲーしない人って多いんだなって最近になって思います。まぁ仕方ないことだとは思いますが
全く興味ない人は一度でもいいので有名なやつやってみることをおススメします。慣れるまでは少々あれだと
思いますが。食わず嫌いってこともあるかもしれませんよ。

日本産のRPGと外国産のRPGって最近は決定的に違う部分があります。
それは日本のRPGが戦闘シーンにアクション要素が少ないものが多いのに対し外国産ではアクションRPGであるものがRPGとしてカテゴライズされてるようです。自分も有名どこしか知りませんのであれなんですが。
オブリビオン、フォールアウト3、セイクリッド2などなど。どのゲームもエンカウントしてからバトル画面に移るといったものがありませんね。洋RPGは主人公一人だけ行動といったものが多いですし、まどろっこしいのが嫌いなんでしょうかね…。日本はどっちかというといろんなキャラが出てきてそのキャラの育成を楽しむ、といったものが主流かもしれません。国でこんなに主流となるスタイルが違うのですから洋ゲーがそんなに馴染むわけありません。
しかし総合的なクオリティの高さは洋RPGは圧倒的です。ゲームとしてちゃんと特化させている、この部分が非常に大事なんだなぁと。
今製作しているメイジストリートはストーリー重視のRPGではありますが、ゲームとしての面白さとストーリーの絶妙な絡み具合を目指してます。うまくいくかわかりませんが、新しい感じのRPGになるはずです。


拍手[0回]

PR
Comment
No title
僕の場合はむしろ、ハマることを恐れて意図的に遊ぶゲームを制限しています。
だから今はせいぜいポケモンと特定メーカーのアレなPCゲームくらいですね。

なので、洋ゲーはやりません! やりません!
No title
>あすかさん
確かにあすかさんのポケモン話しはたまに何の話しをしているかわからない時があります。とてもディープだなーと感心してるのですが、その分他のゲームではまったらさぞ大変なんだろうなと思います(笑
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: